スマートリポのメリット・デメリット

痩せたい部分にレーザーで分解し、スリムな体を作っていくことで有名なスマートリポ。
顔などのなかなか難しいところでもできるとあって、効果的なダイエット法として有名です。

スマートリポは、皮膚を切らないでおこなうので、別名「メスのいらない手術」とも呼ばれています。
その治療時間も短く、部位によって異なるものの大体10〜30分くらいで終了します。
治療後も特に動けなくなることも少なく、普通に日常生活を送れるとあって、なかなか休みを取ることが難しい働く人にも最適なダイエット法となっています。

ただ、どんな医療美容にもメリットデメリットがあるように、スマートリポにもデメリットがあります。
最大のデメリットといえば、一度に対処できる脂肪の量がそう多くはないので、その効果を実感しにくいといったことではないでしょうか。

これは、スマートリポをおこなううえでも不満点の一つとなっているようで、高額なお金を払って施術をしたのに、思うようにすんなりと効果が実感できない…と不安になったり、不満を感じてしまう人が少なくないようです。金額からみても、不安にもなってしまうのも仕方がないことといえます。
ですから、効果を高めるためにも脂肪吸引と組み合わせておこなうクリニックもあります。

そして、術後の回復は早いとはいえ、個々によってダウンタイムが出てしまう場合もあるというこは忘れてはいけません。ダウンタイムが出てしまった人では、むくみが2〜3日続いたり腫れや内出血が1週間程度続いたりしたことが報告されています。

また、ごくまれにですが、分解された脂肪が吸収されずに内側に留まることがあります。
その場合は、すぐにクリニックで再治療を受けましょう。

最近では施術例もどんどん増えてきていますし、技術もどんどん向上してきています。
スマートリポで失敗しないためにも、十分なカウンセリングと、スマートリポに関する説明、そして疑問には積極的に聞くようにしましょう。

技術の高い医師がいるクリニックを受けるようにすると、こういったデメリットを回避することができます

スマートリポの注意点

部分痩せに十分な効果を発揮するスマートリポ。
とはいえ、場合によっては受けることができない人もいます。

妊婦さん授乳中の人は、お腹の胎児や赤ちゃんに影響がないとはいいきれませんので受けれません。
また、心臓病腎臓病糖尿病肝臓病といった重度の疾患がある人は、リスクが高くなりますので、
施術は控えたほうがいいといえます。

他には場合によって施術においてリスクが高いと判断されることもあります。
施術前には医師に話を良く聞き、わからないことがあったら聞いておくようにしましょう。